消費者金融からの借金返済にも時効がある

消費者金融から借りたお金の返済には、実は時効が存在します。お金を借りた後は、金銭消費貸借契約にしたがって返済をすすめていくのが大原則であり、ほぼ全ての人が契約を守って返済金を支払っているため、時効について意識されることはほとんどありません。しかし、万が一時効が成立していれば、必要な手続きをとることで返済義務が消滅します。

消費者金融からのお金の借り入れは、起算日から5年が経過すれば時効となります。ここでポイントとなるのが起算日で、通常は最後に消費者金融にお金を返した日の次の返済予定日の翌日となりますが、もし一度もお金を返していない場合は1回目の返済予定日の翌日となります。ただし、時効がきてもただちに成立するわけではなく、消費者金融業者に書面で時効の援用を通知することによってはじめて成立します。

しかし、消費者金融業者に対して時効の成立を主張するのは極めて難しいです。大きな理由の一つは、時効はたびたび中断されるということです。消費者金融業者に借金返済の意思表示をしたり、借金の存在を認めるような行為をすると、期間のカウントはリセットされ、その翌日から5年が経過しなければ、援用の通知はできません。また、借主が一度も返済の意思を示していなくても、消費者金融業者が裁判所に提訴したり、仮処分の申し立てをし、内容が認められてもカウントはリセットとなります。消費者金融業者は、リセットさせられるだけの証拠をたくさん保有しているため、期間の経過によって借金返済の義務を消滅させるのは極めて困難といえます。